So-net無料ブログ作成

ザック監督「ブレはない」と断言するも、采配には大きく疑問符!!! [FIFAワールドカップ]

Sponsored link




1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

もはや残された道は「勝利」しかない運命のコロンビア戦まで残すところ2日半。

昨21日、取材に対してザック(ザッケローニ)日本代表監督(61歳)は、以下のような談話。

「体力面は全く問題がない。(休みの理由を)あえて挙げるなら精神面。重圧を感じていると思う」

ギリシャ戦においては、右ミッドフィールダーが定位置の岡崎を左ミッドフィールダーとして起用。

采配にブレがあるんじゃないか?との質問があがったが、

「全くブレはない」(ザック監督)


いやいやいや、ブレとるやん!( ゜Д゜)


さらに、前2試合の終盤に前線へロングボールを入れた作戦については

「(次戦も)残り2分でスペースがなければやるかもしれない」

と、またしても試す考えを示した。

ギリシャ戦後に全選手と直接話したようで、以下のようにも語った。

「みんな同じ方向を向いていると確認した。速い連係が日本のサッカーだ。4年間の哲学を、たった2試合で変えたくない」


監督はそう言うものの、はたして本当に大丈夫なのだろうか?


ファン・サポーターが望んでいるものは哲学の維持ではない。
コロンビア戦での「勝利」という事実のみ。
そして、決勝トーナメントに進み、ベスト8という目標を達成すること。

ぶっちゃけ、監督の理念やプライドや哲学なんてどうでもいいのだ。





たとえば、J2岐阜のラモス瑠偉監督(57歳)もザック監督の采配には疑問を投げかけた。

ギリシャ戦の後半にディフェンダー吉田を前線に送り出しパワープレーで対抗した采配については、不信感さえ露わにした。

「それなら初めから豊田陽平やハーフナー・マイクを連れて行けって」
「あの監督についていったら、やばい、やばいよ」(ラモス監督)


しかしながら、あくまでもラモス監督は選手に対しては檄をとばす。

「可能性が1パーセントでもあったら、諦めちゃダメ。コロンビアに勝って、1次リーグを突破して歴史を作りゃいい」

諦めちゃダメ。これはラモス監督が幼少時代にいわれた言葉なのだそうだ。



他方、協会の原博実専務理事(55歳)も、
まるでザック(ザッケローニ)監督采配ミスを認めてしまうような問題発言。

コートジボワール戦とギリシャ戦の終盤に実行したロングボールを放り込む作戦について、思わず以下のようにポロリ。

「練習はしていない。試合展開はあるけど、それをやって勝てるメンバーも選んでいない。このチームには合ってないと思う」(理事)

前に書いた記事のように、
コロンビア戦の結果いかんによっては、ほんの僅かにだが決勝トーナメント進出の可能性も残っている

「今は過去を振り返るのではなく、コロンビア戦で2点をあげて勝利することを考えるべき。そのための準備をする」(理事)

ただ、過去2戦の戦い方についてザック監督とは意見交換をおこなっており、
ロングボール作戦については否定的な見解を伝えてはいるようだ。

と同時に、ザック(ザッケローニ)監督を選任した責任者としては
耳を疑うような言葉も飛び出した。

(采配に迷いやブレが生じている)ザック監督について、

「(このような)大きな大会は初めてなので、予想どおりにいってないと感じているとは思う」(理事)

いやいやいや、そもそもワールドカップ未経験であることは織り込み済みで選任したのではなかったのか?
まさに協会の強化トップの姿勢にもブレが生じているといえる。

もしもコロンビア戦で惨敗するようなことがあれば、この2人に対しては凄まじいバッシングが湧き起こり、
悔しさ転じて、今大会における“A級戦犯”扱いとなるに相違ない。

そんなことにならないよう、いま我々のできることはコロンビア戦の応援に全力を尽くすことだけだ。

在宅でゆっくり稼げる副業



Sponsored link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。