So-net無料ブログ作成

大西英男(自民党)が上西小百合議員へのセクハラやじ犯人と判明!…って誰!?【画像アリ】 [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

大西英男(自民党・衆院議員)が上西小百合議員(31歳・日本維新の会)に対して浴びせたセクハラやじ問題で、
早くも“犯人は自分”と認めた。

日本維新の会の上西小百合衆院議員は4日午後、大阪市内で記者団に対し、衆院総務委員会でセクハラに当たるやじを受けた問題で、自民党の大西英男衆院議員から「ご迷惑をお掛けし、申し訳なかった」と謝罪の電話があったことを明らかにした。上西氏は謝罪を受け入れる考えを示した。(時事通信)


前回の記事:
上西小百合議員へのセクハラやじは誰だ? 犯人の自民党議員を特定せよ!

にても述べたように、昨日は共同通信や朝日新聞の取材に対して、

記憶は鮮明でなく、覚えていない

……などと、まるっきり、すっとぼけていた人物だ。


この大西英男議員とは一体どんな人物なのか??

さっそく公式サイトで確かめてみよう。


大西英男議員オフィシャルサイトのプロフィール


・・・ところが、アクセスが殺到して炎上しているのだろうか???
いつまで待ってもページが表示されない。

続報をお待ちいただきたい。


↓↓↓↓↓


追記:
ようやく閲覧することができたので、大西英男議員ご本人の公式サイトからご尊顔を拝借しておく。
(にしても、えらい写真うつりイイですな・・・)

大西英男

それにしても、先日の都議会でのセクハラやじ問題(鈴木章裕都議らが塩村文夏都議へヤジを飛ばした)に比べると、異様に早い“決着”だともいえよう。

「同じ轍は踏まない」よう、自民党は問題が泥沼化するのを恐れたのかもしれない。

在宅でゆっくり稼げる副業

上西小百合議員へのセクハラやじは誰だ? 犯人の自民党議員を特定せよ! [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

4月に開催されていた衆議院の総務委員会で、
日本維新の会に所属する上西小百合(うえにしさゆり)議員(31歳=比例近畿ブロック選出)に対して
女性蔑視セクハラやじが飛んでいたことが判明した。

上西小百合
上西小百合議員の公式サイト画像より引用)


経緯はこうだ。

上西小百合議員ご本人や議事録によると、4月17日に衆院の分館で開かれた総務委員会でのこと。
上西小百合議員が人口減少や過疎化問題への対策などについて質問中の出来事だった。

質問の最中、他の会派の男性議員からヤジが飛ぶ。

「過疎化も解消され、素晴らしいことだとは……」(上西小百合議員)
「子ども作らないとダメだぞ」(男性のヤジ)

これに対し、上西小百合議員は苦笑しつつ、

「がんばります」(上西小百合 議員)

と咄嗟に返した。議場内には笑い声が広がった。


ここで委員長が注意をする。

「不規則な発言は注意してください」(高木陽介 委員長)


日本維新の会の複数の議員によれば、このほかにも

「早く結婚して」
「2020年のオリンピックまでに産め」

などの女性蔑視セクハラヤジも飛んでいたそうだ。


論より証拠、そのときの映像・動画があるので、
百聞は一見にしかず、ぜひご覧いただきたい。




日本国内にとどまらず、海外からも大きな批判を呼び起こした東京都議会でのセクハラやじ問題。

当ブログでも過去に何度か触れてきた。


過去記事:
塩村文夏にセクハラ野次をとばした犯人は川井しげお都議と判明!?
都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!?
都議会セクハラやじ問題で自民党幹部が「処分は必要」。焦る鈴木章浩(あきひろ)都議?


今度は「国権の最高機関にして、唯一の立法機関」であるはずの国会。

選りすぐられた国民の代表が集結し、最重要なことが議論され決定されている国会においても、
このようなセクハラ女性蔑視のヤジが飛ばされていたとは、驚きを超えて呆れさえ感じてしまう。


それでは、いったい誰がこのような暴言を吐いたのか?

4月の衆院総務委員会で、総務相らに質問していた日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=に「早く結婚して子どもを産まないと駄目だぞ」と男性議員がセクハラやじを飛ばしていたことが3日、上西議員らへの取材で分かった。 国内外の批判を浴びた東京都議会のセクハラに次いで国会でも発覚し、飛び火した形だ。上西氏側は発言者として自民議員の名を挙げたが、この議員は共同通信の取材に「記憶にない」と否定した。 上西氏や議事録によると、4月17日に衆院の分館で開かれた総務委員会で人口減少への対策などを質問中だった。上西氏が立った発言席に対面する自民党会派の席周辺からやじが飛び、周囲から笑い声や拍手が起こったという。上西氏は、やじに対しとっさに「頑張ります」と応じ、高木陽介委員長(公明)が不規則発言を控えるようやじを制止した。高木委員長は取材に「記憶がなく、特定は難しい」と話した。 上西氏は「やじに拍手喝采する議員の多さにがくぜんとした」と述べ、「議論するのが仕事と自任しているので、軽くいなして先に進むしかなかった」と当時を振り返った。 さらに「やじを飛ばす議員や一緒に笑う議員に少子高齢化対策などの議論ができるのだろうか」と憤る。「名乗り出たり、謝罪したりする必要はないが、容認した周囲を含めて考えを改めてほしい」と訴えた。 東京都議会では、みんなの党会派の塩村文夏都議に自民党会派に所属していた鈴木章浩都議=会派離脱=が「早く結婚した方がいい」とやじを飛ばし、その後、謝罪。塩村都議によると、ほかにも「産めないのか」などの暴言もあったが名乗りでなかった。 上西氏は美容関係会社などに勤務した後、2012年の衆院選に大阪7区から初出馬し次点、比例近畿ブロックで復活当選した。(スポニチ)

上西氏は「やじに拍手喝采する議員の多さにがくぜんとした」と述べ、「議論するのが仕事と自任しているので、軽くいなして先に進むしかなかった」と当時を振り返った。 さらに「やじを飛ばす議員や一緒に笑う議員に少子高齢化対策などの議論ができるのだろうか」と憤る。「名乗り出たり、謝罪したりする必要はないが、容認した周囲を含めて考えを改めてほしい」と訴えた。 東京都議会では、みんなの党会派の塩村文夏都議に自民党会派に所属していた鈴木章浩都議=会派離脱=が「早く結婚した方がいい」とやじを飛ばし、その後、謝罪。塩村都議によると、ほかにも「産めないのか」などの暴言もあったが名乗りでなかった。 上西氏は美容関係会社などに勤務した後、2012年の衆院選に大阪7区から初出馬し次点、比例近畿ブロックで復活当選した。(共同)

高木氏は「このヤジについては覚えていない。これまでも議事進行のために、不規則発言は注意してきた」と話している。 上西氏側はヤジを飛ばした人物として、ある自民党衆院議員の名を挙げたが、この議員は朝日新聞の取材に「記憶は鮮明でなく、覚えていない」としたうえで、「少子化、晩婚化は深刻な問題だ。きれいごとではなく、政治家は行動で示すべきだ。独身の人には『結婚した方がいい』と言うことがあるかもしれない。女性蔑視やセクハラの意図はない」と語った。(朝日新聞)


共同通信や朝日新聞は“疑惑の容疑者”に取材を試みたようだが、上記引用のように本人はヤジを否定している。

しかしながら、この人物は「記憶は鮮明でなく、覚えていない」と言っているだけであって、
この人物がヤジを飛ばした“犯人”でないという保証はない。

むしろ、いかにも典型的な政治家然とした回答で、“怪しい”という印象を拭い去ることはできない。

実際、都議会セクハラやじ問題の“犯人”だった鈴木章裕都議も、当初は否定していたのだ。


過去記事:
都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!?


都議会セクハラやじ問題では毅然とした態度を示した自民党・石破幹事長も、
国会は影響力が大きいからといって、このまま問題を有耶無耶にはしてほしくない。

事態の解明が進むことを期待しよう。

在宅でゆっくり稼げる副業

都議会セクハラやじ問題で自民党幹部が「処分は必要」。焦る鈴木章浩(あきひろ)都議? [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

当ブログ上でも何度か触れてきた話題(都議会セクハラやじ問題)であるが、

<以下、過去記事へのリンク>
塩村文夏へのセクハラ野次は誰だったのか?動画で特定!
塩村文夏にセクハラ野次をとばした犯人は川井しげお都議と判明!?
都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!?

東京都議会における塩村文夏(あやか)都議への「セクハラ野次(やじ)」問題で、
自民党の萩生田総裁特別補佐は「何らかの処分は必要になる」との認識を示したそうだ。

処分は必要.jpg

「品格に欠ける発言を公共の電波に乗るほど大きな声で言っているわけですから、
意図して発言されていると思うので、何らかの処分は必要になってくるのではないか」
(自民党・萩生田総裁特別補佐)

東京都議会出身の同補佐は、ヤジをとばした議員に関して、

「だいたい声の質や場所で特定できている」

と語り、まずは自ら名乗りでて謝罪すべきだという考えを示したとのこと。


詳しくは、以下のニュース動画をご参照されたい。(※注:音が出ます)



在宅でゆっくり稼げる副業

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!? [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

昨日の当ブログ記事
塩村文夏にセクハラ野次をとばした犯人は川井しげお都議と判明!?
のさらに続報。

最近になって、都議会セクハラヤジ問題のヤジ発言に関して、
声紋分析や声紋鑑定をおこない〝真犯人〟を特定する!として、
対象者に急浮上してきたのが鈴木章浩(あきひろ)都議その人だ。


ただ〝真犯人〟といっても、問題の発言は……

「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか?」
「産めないのか」
「子供もいないのに」

……などと複数あり、
それぞれ別の議員がヤジったとも考えられる。
(声を聞く限り、女性議員ではなく男性議員なのは間違いないようだが)


都議会で鈴木章浩(あきひろ)都議の座席位置はというと、このあたり。

都議会座席表アップ.jpg

過去記事でも述べたように、
「やじの直後に塩村文香(あやか)都議が苦笑しながら思わず視線を向けた先」にある。

ここは是非とも、問題発言の際に鈴木章浩(あきひろ)都議の周りに座っていた――

・堀宏道 都議
・近藤充 都議
・川松真一朗 都議
・秋田一郎 都議
・高橋信博 都議
・吉原修 都議
・宇田川聡史 都議
・中屋文孝都議

――らの決定的な証言が欲しいところではある。



ところで、どうして鈴木章浩(あきひろ)都議が急浮上してきたかというと、
日刊ゲンダイの記事がきっかけだ。

ゲンダイの取材によると、以下のような都庁職員の発言がある。

「犯人と疑われているのは、中堅議員のSです。19日は一日中、ソワソワと落ち着きがなかった。メディアもS議員を犯人だとみています。委員会室から出てきたところをテレビカメラに囲まれたSさんは『私ではない』と否定しながら、<もし、私だったら謝罪しなければ>と支離滅裂な言葉を発し、ますます疑惑を深めている。しかも、現場にいたくせに<どんなヤジだったの?>としらじらしいことを口にするものだから呆れられています」(都庁職員)


S だけでは範囲がいささか広すぎて特定しづらいが、
(崎山知尚、桜井浩之、柴崎幹男 島崎義司、清水孝治、神野次郎、鈴木章浩、鈴木あきまさ、鈴木錦治、鈴木隆道の各都議らがいる)
ここに出てくる「中堅議員のS」というのは、
どうやら鈴木章浩(あきひろ)都議のことを指しているらしい。

というのも、日刊ゲンダイの記事には続いて以下のような記述もあるからだ。

「典型的な右翼政治家、声がデカイことで有名です。尖閣諸島問題で名を売った。ホームページでは<子育て支援>や<女性が働きやすい社会>をうたっています」(自民党関係者)

鈴木あきまさ公約.jpg
鈴木章浩オフィシャルサイトより)

image.jpg

やはり「やじの直後に塩村文香(あやか)都議が苦笑しながら思わず視線を向けた先」である。


これはもう、ドンピシャだわな。
少なくとも日刊ゲンダイが想定している人物であることには間違いないだろう。



それでは、当事者の鈴木章浩(あきひろ)都議の言動はいかばかりか?

鈴木章浩.jpg
「私じゃないですよ」「分からないと思いますよ」

おぉ、当初は毅然と否定していらっしゃいますね。


日刊スポーツの取材に対しても、威勢がいい。

塩村都議がやじを聞いた周辺に座っていた自民党の鈴木章浩都議(51)は「私を含め両側ではない。寝耳に水」。「(発言者は)議員辞職に匹敵するか」との問いには「そうでしょうね」と話した。


ところが。

おやおや、声紋分析やら声紋鑑定やらの話が現実味を帯びてきて、
もしや焦ってきたのだろうか(?)、だんだんしどろもどろ
意味がよく分からない日本語に変化してきている。



・・・く、苦しい。


声紋分析や声紋鑑定の実施が決定したら、もうオトボケは通じない。

ギブアップ白状はもうすぐそこまできているのかもしれない。


*最新情報更新!
都議会セクハラやじ問題で自民党幹部が「処分は必要」。焦る鈴木章浩(あきひろ)都議?


☆議員を特定するキャンペーンです。嘆願はこちらから↓
私たちは、都議会本会議内で女性差別発言をした自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう、自民党東京都連に対して強く求めます。

☆発起人:東京都議会における差別発言を許さない市民一同

在宅でゆっくり稼げる副業

nice!(6)  コメント(95)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

塩村文夏にセクハラ野次をとばした犯人は川井しげお都議と判明!? [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

塩村文夏(あやか)都議にセクハラやじをとばした犯人について、
前回、当ブログの記事においても怪しいと思われるメンバーを何人かピックアップしてみたが、
とうとう〝真犯人〟のひとりが判明した模様だ。

その名前は、川井しげお
自民党は中野区選出の都議会議員である。



今回に限らず、川井しげお議員はヤジの〝常習犯〟だったようだ。




川井しげお本人の公式サイトによると、

http://kawai-shigeo.jp/

以下のようなプロフィールらしい。

名前:川井しげお 現住所:東京都中野区南台2-8-5 誕生日:1947年11月23日 血液型:A型 出身地:東京都 好きなスポーツ:野球・バスケットボール 好きなスポーツ選手:イチロー選手、田臥勇太(たぶせゆうた)選手 趣味:映画鑑賞、建造物鑑賞、旅行 好きな食べ物:カレーライス 好きな動物:犬、ゾウ 今までで一番感動した本:無名碑、大地 尊敬する人:坂本竜馬、祖父

川井しげお氏よ、坂本龍馬の「りょう」の字が間違ってまっせ!
そりゃ司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」の名前でしょ!!

って、まぁ、そんなことはどうでもいい。

本人は知らぬ存ぜぬの肚を決め込んでいるみたいだが、
まだまだ追及の手はゆるまないはずだ。

もし〝容疑者〟ではなく本当に〝犯人〟であるならば、
川井しげお氏には、ここは潔く社会的制裁を受けて
相応の報いを受けてほしいものである。

そして、他の〝真犯人〟についても早く判明することを願いたい。

*最新情報を追記!
都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!?

都議会セクハラやじ問題で自民党幹部が「処分は必要」。焦る鈴木章浩(あきひろ)都議?

在宅でゆっくり稼げる副業

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

塩村文夏へのセクハラ野次は誰だったのか? 動画で特定! [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

6月18日、東京都議会の本会議において、みんなの党所属の塩村文夏(あやか)議員(35歳)が、
一般質問で妊娠・出産・不妊に悩む女性への支援の必要性について演説していたとき、
「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか?」「産めないのか」「子供もいないのに」などなど、
セクハラといっても過言ではない、下劣なヤジが立て続けに飛んだ。

この塩村文夏(あやか)都議へのセクハラまがいの野次に対しては都議会に抗議が殺到、
たった1日で3万5000件ものネット署名が集まる騒然っぷりだ。


問題となった当該の動画がある。そのシーンはこちら。




そして、以下はこれらの野次に対する塩村文夏(あやか)議員ご自身のツイートだ。




また、塩村文香(あやか)議員はTBSテレビのインタビューに対して、
以下の動画のように回答している。




ちなみに、以下は現在の都議会の座席図だ。

都議会座席表.jpg

TBSの報道によれば、「自民党会派」からヤジがとんだ、とある。

また、塩村文夏(あやか)都議は別のインタビューにおいて、
「(向かって)左のほうから」「(そちらを見ると)3人ほど」「このうちの誰かに間違いないと思う」
とも発言している。

先の動画で、やじの直後に塩村文香(あやか)都議が
エッ!?と苦笑しながら思わず視線を向けた先をよ~く確認してみよう。


その先には・・・以下のような人たちが座っている。

・高橋かずみ(66歳・練馬区・4期)
・鈴木あきまさ(56歳・大田区・4期)
・秋田一郎(48歳・新宿区・2期以上)
・鈴木章浩( 51歳・大田区・3期)
・高橋信博(67歳・小平区・3期)
・高木けい(49歳・北区・3期)

都議会座席表2.jpg

議会運営上で不利にならないよう自民党は「特定できない」などとすっかり及び腰だが、
果たして上のメンバーの中に〝真犯人〟はいるのだろうか?


*最新情報を追記!
都議会セクハラヤジ問題、声紋分析で犯人特定を恐れる鈴木章浩!

都議会セクハラやじ問題で自民党幹部が「処分は必要」。焦る鈴木章浩(あきひろ)都議?


◎議員を特定するキャンペーンです。嘆願はこちらから↓
私たちは、都議会本会議内で女性差別発言をした自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう、自民党東京都連に対して強く求めます。

◎発起人:東京都議会における差別発言を許さない市民一同

在宅でゆっくり稼げる副業

セクハラやじ受けた塩村文夏、アイドル時代の水着画像!「恋のから騒ぎ」に出演してMVPも! [政治]

1日1時間で1億円稼ぐ川島和正

都議会のセクハラ野次の騒動で一躍“時の人”となっている塩村文夏(あやか)都議会議員ですが、
じつはミスヤングマガジンの元アイドル(ご本人談w)で、
2007年4月から日本テレビ系列の「恋のから騒ぎ」(14期生)にも出演する元アイドルだったんですね。
(から騒ぎに出ていたときはエッセイストという肩書?だったようですが・・・)

恋から騒ぎ(1年間、全47回に渡って出演)では14期生のMVPまで獲得する活躍ぶり!


しかも、ななななんと、
ご本人の公式サイトに水着の「お宝画像写真」(ご本人談w)もありました!
http://shiomura-ayaka.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-758e.html


エッセイストとしては、「眞野 夏帆(まの かほ)」さんというペンネームらしいですね。


他にも塩村文夏(あやか)さんは、

・美人すぎる自動車ライター
・美人すぎる放送作家(ナンシー塩村) ←※水着ビキニ!Σ(゚д゚)

などの異名でも昔から知られており、
一方で、動物愛護活動やチャリティ、ボランティアにも積極的に参加していたようです。
そういう経緯もあって東京都議になったんでしょうね。

しかも、グラビアアイドルを卒業した後には
スッチー(フライトアテンダント)をやっていた経験もあるそうです。
才媛ですね。

「天は二物を与え」ていたようですが、
ここにきて手痛い試練?に遭遇してしまったみたいですね。

しかし、彼女のことですから、
持ち前のガッツと賢さでセクハラ野次をとばした〝真犯人〟を特定し、
きっと「災い転じて福となす」ことでしょう!

在宅でゆっくり稼げる副業

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。